東京の美容外科クリニックで目頭切開の施術を受けました

コンプレックスがなくなった

カウンセリング当日にクリニックに向かい医師と話をしましたが、やはり私の目は離れ目になるということで、目頭切開の手術を受けることによって、悩みは解消されるだろうということでした。
また切開の方法の種類が二つあり、Z型とW型と呼ばれるものでした。
なりたい目元や元の目の形によってどちらを行うのか相談するという話でしたが、私の場合には、Z型の方がよいだろうと言われました。
私は目がはなれているものの、きれいな二重をしているので、手術の際に二重のラインの延長線上に縫合するラインが来るように計算して切開することで、傷跡を目立たなくできるということでした。
この時にはまだやや不安感がありました。
目の回りには傷をつけてはいけない大事な血管や細胞がたくさんあり、万が一目が見えなくなったらどうしようなどという心配もあったのです。
しかしこのクリニックでは解剖学を熟知していて、周りの組織を傷つけないように丁寧に切開するということでした。
出血を抑えるためにも、止血ができる医療機器も使っているようです。
そしてその後何度も打ち合わせを行って、どの程度の距離にしたいのかなどのデザインを決め、定規を使用しミリ単位でデザインが調整されていきました。
手術の当日は5日間の有給休暇をもらい、土日と合わせて1週間のお休みをもらいました。
手術は思っていたよりもすぐに終わり、鏡を見ると私の離れていた目がなくなっていました。
はれや内出血は5日間程度あったように感じます。
メイクは1週間後からできるようになり、メイクが楽しくてしょうがありませんでした。
周りの人たちからもかわいらしくなったといわれ、もとからきれいな二重をしていたので自分でもとても気に入った目になりました。
コンプレックスがなくなったことで、これからは自信を持って人生を歩んでいけるように感じます。

東京でカウセしてもらって目頭切開するか悩んでるところではあるけどさ ほくろ除去したクリニックに今日経過観察にきたら 蒙古襞気にならないの?ちょっと僕が気になっちゃったから笑 保険きくし興味あるなら考えてみて みたいに言われたんだけどめちゃくちゃ気分悪いな????????????

— 飴 (@__amechann) 2019年7月6日

左右の目がはなれている美容整形を受けたいコンプレックスがなくなった

目頭切開 東京 / 目頭切開 目の整形 | プリモ麻布十番クリニック